ツイッター調査:「メジャーアイドルになりかけている」と噂の眉村ちあきをKH Coderで分析 【4/1~7/12までの103日間調査】


 6月9日、テレビ東京「ゴッドタン」出演直前のエントリー(ブレイク直前!? 【眉村ちあき】「地下」アイドルが「地上」波へ 2018年上半期のWEBニュースをまとめました。)で紹介した、「メジャーアイドルになりかけている」と一部で噂のアイドル・眉村ちあき。

 前回のエントリーで紹介したWEBニュースでは、「株式会社の代表取締役」「おしっこ漏らす」「バスジャック」などキャラクターや企画に関するものも多かったが、「ゴッドタン」やTBSラジオ「アフター6ジャンクション」出演以後、彼女の歌唱力、楽曲のクオリティの高さなどが話題になっていることを伝える記事も出てきた。

●2018/7/4掲載【OTOTOY】
弾き語り、トラック・メイク、会社経営!?──各所で話題を集めまくっている、眉村ちあきって一体何者!?

●2018/7/11掲載【リアルサウンド】
吉田豪、ライムスター宇多丸も絶賛 『ゴッドタン』出演など注目集まる眉村ちあきの“真髄”に迫る

※一方で、周囲からの評価が変わっても依然として変わった企画を実施するようだ。
●2018/6/26掲載【ナタリー】
夏だ!海だ!眉村ちあき地引網ライブ「第1回漁業ポインティング」開催

 

 そこで今回、TABENAVI編集部では、ファンや視聴者が実際に彼女についてどのように「話題」にしているのかを探るため、内外切抜通信社に4月1日~7月12日の103日間の「眉村ちあき」を含む、3万5672件のTweetを収集してもらい、「KH Coder」を用いた内容分析をおこなった。

【KH Coder】:
テキスト型(文章型)データを統計的に分析するためのフリーソフトウェア。文章中の単語の出現頻度を集計した「頻度集計表」や、文章中の単語と単語の結びつき(共起)を可視化した「共起ネットワーク図」、出現パターンの似通った語を散布図に布置した「多次元尺度構成法(に基づくマップ)」を作成できる。
KH Coderがダウンローできる公式サイトでは、「関連リンク」として、「マンションポエムの分析」から「県民意識調査の分析」まで硬軟さまざまなKH Coderを利用した事例が紹介されている。

 

 Twitterのレポート(内外切抜通信社調べ)。収集したTweetの日時、アカウント、内容、掲載URLなどが一覧になっている。

 

〇内容分析の前に:収集したTweetをグラフと表に

 内容分析をおこなう前に、収集したデータの概要を把握するため、以下のグラフと表を作成した。本エントリーは内容分析の実施が目的であるため詳細なコメントは省略するが、メディア出演がTweet数とフォロワー数の増加に与える影響が大きいことがわかるだろう。

 「Tweet数は多いがフォロワー増数は鈍い」といった日は、すでに眉村ちあきのファンである人たち(「マユムラ―」と呼ばれる)のTweetが増えるようなイベント・出来事があったケースが多い。(例えば、5/26は前夜にタワーレコード新宿店でCDリリースイベント、6/30はアイドルフェスのライブ審査日があった)

■【グラフ】Tweet数とフォロワー数

■【表】週別Tweet数とフォロワー増数

■【表】前回と今回で紹介した主なWEBニュースのシェア数

 

〇内容分析:KH Coderを利用

 今回、収集したTweet3万5672件のうち、以下の条件に該当するものを分析対象から除外した。

 ①公式RT
 ②同内容のライブの出演者情報などのTweet
 ③リンク(URL)を含むTweet

※③の条件に関しては、特にAbemaTVで放送した「矢口真里の火曜TheNight」の視聴中のTweetを除外してしまうなど集計結果に及ぼす影響が大きいが、リンク先のタイトルを削除するといった処理の煩雑さとの兼ね合いから、今回はこのような条件にした。TweetデータをKH Coderを利用するにあたってどう処理するべきかは今後の検討課題としたい。

 また、「アトロク」「アト6」「アフター6ジャンクション」など表記の揺れが大きいものや、「ゴッ『ト』タン」など誤記に関しては元データを修正した。
 前処理として個人名、曲名、番組名など固有名詞などを強制抽出する単語として登録、全Tweetに記載されている「眉村ちあき」という語自体は分析対象から除外するなどの処理をおこなった。
 結果、分析対象のTweetは4月411件、5月849件、6月1616件、7月640件の計3516件(文の数は5332、総抽出語数9万3282のうち使用する語数は3万7835)となった。
 以下、分析結果として「頻度集計表」と「共起ネットワーク図」、「多次元尺度構成法に基づくマップ」を短評とともに紹介したい。

 

■【表】頻出語TOP150

 まずはどのような単語の出現数が多かったのかを調べた。
 

 先に示したTweet数のグラフで、メディア出演日にも関わらず、あまりTweet数に変化が見られなかった「金曜ブラボー。」もランクインしている。調査期間中、14回の放送のうち11回、眉村ちあきの曲を流しており、番組公式アカウントのプレイリストのTweetが複数拾われた。(なお11回のうち、眉村ちあきは2回番組に出演、さらに調査期間外の7月13日放送回にも出演(公開生ライブ)しているため、直近放送15回の放送で眉村ちあきの曲が流れる選曲率は80%となった)

 個人名としては、推薦者として共演するケースが多い「吉田豪」の他、ライブ共演者がランクイン。曲名としては、「ゴッドタン」で披露した即興曲「ゲロ」(のちにOTOTOYにて配信、「アフター6ジャンクション」でも放送)が最も多くTweetされている。

 KH Coderの単語集計方法(形態素解析)では、例えば「楽しくない」という文章が「楽しい/ない」といったように単語の基本形の組み合わせとして集計されることに注意が必要だが、今回上位に並んだ「凄い(18位)」「楽しい(23位)」「面白い(25位)」については、用例を確認したところ字義通りのポジティブな評価であった。

 

■【図】共起ネットワーク

 次に、25回以上出現した単語を、単語間の結びつきの強さの指標Jaccard係数が大きい上位70の結びつきについて描画した、共起ネットワーク図は以下のようになった。

 ①4/1~7/12全体の共起ネットワーク図

 「ゴッドタン」についての感想がTweetの多くを占めるため、登場する単語もその関連が多い。共起ネットワークの興味深いところの一つは、「曲」という語と、「良い」という形容詞と「聴く」というファン・視聴者を主語とした動詞と「作る」という眉村ちあきを主語とした動詞が結びつくように、別の文脈で用いた語を集計して一つの図に示せる点にあると思われる。

 今度は月ごとの共起ネットワーク図を一挙に並べてみる(7月は1日から12日まで)。

 ②4月~7月の各月ごとの共起ネットワーク図

【4月】
ライブ関係のTweetが多いため、共演者の名前が多い。特筆すべきは「ゴッドタン」で披露された特技「即興」が4月時点でTweetされている点。実Tweetを確認したところ、ライブ最中に「今、思いついたので」と即興曲を披露したとのこと。

【5月】
5月発売のCD発売およびそのリリース記念イベントに関するTweetが多い。そのイベントは、平日の夜に行われたため、「仕事-終わる」など仕事終わりに駆け付けたファンもいたようだ。

【6月】
ゴッドタンの感想が中心で、「歌」に「面白い」と「上手い」が結びついている。また、知名度の上昇と評価・期待の高まりが曲作りのプレッシャーになったことを歌った新曲「なんだっけ?」に「泣く」という言葉が結びついている。

【7月】
「眉村ちあきはアイドルと呼ぶべきか、アーティストではないか」といった小さな論争があったため、「アイドル」と「アーティスト」が共起している。また、出演メディアとしてカウントしなかったが、テレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」で、吉田豪に関するVTR中に一瞬眉村ちあきが映ったことがTweetされている。

 

■【図】多次元尺度構成法

 最後に、共起が強い語を近くに布置しクラスター分けをした多次元尺度構成法によるマップを作成した(クラスター分けは自動。クラスターの数を調整した結果、解釈のしやすかった「6」に設定)。

 クラスター04【赤色】に、今回の記事の目的である「実際、ファンや視聴者は眉村ちあきをどのように評価しているのか」を示す、彼女や曲に対する評価を表す語が集まった。このクラスターを一つの文章で表現して、本記事の締めくくりとしたい。

 『眉村ちあき、歌はめちゃくちゃ上手だし、即興曲「ゲロ」は凄い、ヤバい、ハマるw』

 

■「KH Coder」に関する参考文献
●樋口耕一(2014)『社会調査のための計量テキスト分析-内容分析の継承と発展を目指して』ナカニシヤ出版
 ※「KH Coder」をダウンロードしたものに同梱の「KH Coder3 リファレンス・マニュアル」も非常に参考になった
●小林雄一郎(2017)『仕事に使えるクチコミ分析 テキストマイニングと統計学をマーケティングに活用する』技術評論社
●そのほか、KH Coderがダウンローできる公式サイトの「関連リンク」で紹介された事例など

 

【眉村ちあきofficial】
公式HP:眉村ちあき(株)会社じゃないもん
Twitter:眉村ちあき (@rexno_chi)
YouTube:眉村ちあきofficial

【調査協力:内外切抜通信社】
公式HP:内外切抜通信社
参考:日大会見、広報・PR専門家はこう見た!【解説記事まとめ】
参考:ベストセラー「最強の読み方」で紹介!情報収集のコツ