ツイッター調査:YouTuberマネジメントのUUUM上場 8月の延べ広告換算値は1億6000万円


 総合メディアモニタリング会社の内外切抜通信社は、8月30日に東証マザーズに上場したYouTuberマネジメントなどを行なう「UUUM」について、Twitter露出調査を実施した。

 調査は8/1~8/31の期間で、社名の「UUUM」及び「ウーム」をキーワードにTwitter全量調査を実施した。期間中の総ツイート数は12万1979件で、延べフォロワー数は1億9682万6048、独自算出による延べ広告換算値は1億6084万9583円となった。

 最もツイート数が多かったのは、所属YouTuberの「Fischer’s」ンダホさんの誕生日ツイートがあった8月4日で1万4357件、次いで多かったのはUUUM上場日8月30日の1万1192件だった。広告換算値では8月4日が1547万8985円だったのに対し、8月30日はメディアのアカウントからの発信も多く4050万9674円と高い金額となった。期間中に「上場」のワードを含むツイートは9316件で全体の約7.6%だったが、上場当日には53.9%を占めており、話題の大きさが感じられた。

 また、所属YouTuberの名称で件数を抽出したところ「HIKAKIN(ヒカキン)」が8889件、「はじめしゃちょー」が6110件、「SEIKIN(セイキン)」が340件、「瀬戸弘司」が437件という結果だった。

ツイッター調査のご依頼は内外切抜通信社まで。