中野BC:和歌山県産のイチゴを使用した梅酒「フレイズ」


 酒造会社の中野BC(和歌山県海南市)は、南高梅100%の梅酒に和歌山生まれのイチゴ「まりひめ」をピューレ状にして加えた梅酒「FRAISE(フレイズ)」を3月1日に発売する。500本限定で、同社本社内の酒蔵に併設された売店「長久庵」と同社オンラインショップで販売する。

 使用するイチゴ「まりひめ」には大ぶりのLサイズのみを選別。ひと瓶に約95グラムの果肉が用いられており、トロッとした果肉感が味わえるという。アルコール度数は12度。価格は、化粧箱付きの500ミリリットル入りが1543円。