御殿場高原ビール:河津桜を表現した「桜ビール」を限定発売


 クラフトビールメーカーの御殿場高原ビールは、オリジナルビール「桜ビール」を3月25日から4月29日までの期間限定で発売する。

 御殿場高原ビールは、1995年に富士山のふもとの静岡県富士市で創業。厳選した素材を使用し、年間400キロリットル以上のビールを醸造している。今回発売する「桜ビール」は、創業当時に在籍していたドイツ人醸造士が、静岡に春の訪れを告げる桜として有名な河津桜からインスピレーションを得て醸造したオリジナルレシピのビール。

 桜の花を想わせるような赤みを帯びた色合いと、下面発酵による清涼感と華やかさを併せ持ち、御殿場の春をイメージした味わいになっているという。アルコール分は約5%。1セット4本入りで2160円(税込・送料込)。オンラインショップ(http://www.gotemba-craftbeer.jp/)もしくは御殿場高原ビール内売店で購入できる。