ノバレーゼ:「サンフレッチェ広島おせち」


 ウエディングプロデュース・レストラン運営を手掛けるノバレーゼ(東京都中央区)は、サッカー・Jリーグ1部のサンフレッチェ広島とコラボレーションした「サンフレッチェ広島おせち」の予約受け付けを9月8日に同社のオンラインショップで開始した。

 同商品の料理のプロデュースは、広島の料亭「三瀧荘」(広島市西区)の鈴木一生料理長が担当。鮑などの食材を用いた36品目が彩り豊かに盛り込まれ、地元の食材がふんだんに用いられる予定。また、サッカーボールに見立てた遊び心のある料理も採用される。鈴木料理長は、創作和食料理店「中村孝明」で取締役総料理長を務めたこともあり、確かな和食の技術に加え”芸術美”と評される美しい盛り付けも特徴。

 同企画は、三瀧荘が同チームとのオフィシャルスポンサー契約をしていることがきっかけで実現したもので、昨年に続き今年で2回目。プラスチック製の二段の重箱にはチームカラーである鮮やかな紫色が使用され、蓋の表側にはチームのロゴ、裏には選手からのメッセージが印字されている。価格は、送料込みで2万7000円。予約販売のみで、受け付けは12月21日まで。商品のお届けは12月31日。