龍名館:日本茶使用の料理やスイーツが楽しめるレストラン 東京・御茶ノ水にオープン


 旅館やホテル、レストランの運営を行う「龍名館」(東京都千代田区)は、日本茶を「入れる」「食す」をコンセプトにしたレストラン「GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU(グリーンティー レストラン 1899 お茶の水」」を8月1日に東京・御茶ノ水にオープンする。お茶をいれる専属スタッフ「茶バリエ」がいれたお茶をはじめ、日本茶を使用したスイーツや料理を提供する。

 龍名館では、近年日本人の習慣から失われつつある急須でいれたお茶、また「日本茶」を「飲む」だけではなく「食べる」ことにも着目し、「日本茶」を使った料理とスイーツを中心にメニューを展開する。営業時間は午前6時半~午後11時。朝食が午前6時半~午前11時、ランチが午前11時~午後3時、カフェが午後2時~同5時、ディナーが午後5時~同11時。

 朝食メニューでは、お替わり自由の茶飯にほうじ茶と鰹を合わせた特製のダシを注いで食べるお茶漬けを用意。具材はウメや鮭、焼きサバなど8種類から選べる。すべてノリやしば漬け、ワサビなど5種類の薬味付き。
 
 カフェの時間帯には、「茶バリエ」が茶釜を設置したカウンターキッチンで、細かな温度と時間の管理をしながらお茶を抽出する。2杯目からは、客自身がティーポットに入れたお湯を使って急須から注ぐお茶を楽しめる。また、茶葉の選択後、約50種類の湯飲み茶碗から好みのものを選んで組み合わせることができる。メニューには徳島県の大谷焼の「プリン壷」に入った抹茶プリンやほうじ茶アイス、抹茶金時、挽き茶アイスをのせた米粉のパンケーキなどの「お茶スイーツ」をそろえる。

 ディナーでは、茶バリエが日替わりで選ぶ食前酒ならぬ「食前茶」が振る舞われ、食後やお酒の締めには、二日酔いにおすすめのウコン茶や焙煎茶、そうでない人には同店オリジナルの江戸番茶を客の気分に合わせて提供する。また、料理にも茶を使用し、抹茶を使った「抹茶ぽてとサラダ」や煎茶のドレッシングを使ったサラダ、抹茶の味噌をソースに用いたステーキなど、茶を前面に打ち出した料理から隠し味としていかした料理まで幅広くそろえる。