イオン:天ぷら惣菜をヘルシーに “揚げ物改革”第1弾


 イオンリテールは7日、特定保健用食品(特保)の大豆油で揚げた天ぷら惣菜の新商品16種類の販売を、本州と四国の総合スーパー「イオン」344店舗で開始した。

 高齢化や有職主婦層の増加により総菜需要は年々高まっているものの、「揚げ物は好きだが、高カロリー、高コレステロールが気になる」という要望が多いことから、「より健康に留意した商品」を開発しようという“イオンの揚げ物改革”の第1弾。

 天ぷら総菜は「健康に良くておいしい」を重視し、味の素、日清フーズと共同開発。コレステロールを下げる効果がある特保の大豆油「健康サララ」を使用し、衣はカラッと揚がり、温め直してもサクッとした食感が楽しめるように、3種類の小麦粉の配合を見直した。素材も国産野菜や旬の食材にこだわったという。

 同社執行役員の土谷美津子・食品商品企画本部長は「健康ニーズは下がることない。不健康だと思われていた“即食”商品こそ健康的にしていきたい」と意欲を語った。今後はコロッケやトンカツなどの揚げ物についてもヘルシーな商品にリニューアルしていく意向で、第2弾の商品も「今年度中に出していきたい」と語っていた。(毎日新聞デジタル)