イオン:七夕限定スイーツに7種類の生大福


 イオンは2日、七夕シーズンに向けて、オリジナル商品「モチクリーム 七色大福」の販売を開始した。織り姫をイメージして作った「苺ショートケーキ」など限定商品を含む7種類の生大福で、7日までの期間限定で総合スーパー「イオン」など全国約1400店舗で販売する。

 「モチクリーム 七色大福」は、人気スイーツブランド「MOCHICREAM」とコラボした商品。スポンジを米粉で作った「苺ショートケーキ」や、さくさくとした食感が楽しめる「ラズベリーミルフィーユ」など5種類の限定商品と、「生クリーム」「抹茶クリーム」がある。今回の企画は「七夕パーティー」と題して展開され、特別にデザインされた特製ボックスもある。

 イオンリテール食品商品企画本部デイリー商品部の今井顕輝マネジャーによると、同社では2年前から“七夕スイーツ”を展開しているといい、「昨年、初めてオリジナルの商品で7種類のデザートを販売したら好評を得たので、今年も七つというコンセプトで開発しようと思いました」と説明。生大福は、冷凍ならではの生クリームと糖度の低いあんで作られたといい、「チルドですと、低い糖度で優しい甘さのあんこが使える。また、生クリームやスポンジといったチルドでしか使えない素材が使えるので、常温のものと差別化できる」という。

 また、近年小売業界でトレンドとなっている七夕に新たなスイーツを展開する「サマーバレンタイン」という取り組みについては、「この時期、気温がどんどん上昇しているので、お餅系の商品は売れないのですが、買っていただけるきっかけ作りをすることで、昨年も大きく数字が変わっている」と手応えを感じている様子だった。(毎日新聞デジタル)