博水社:飲食店向けカクテル 産学連携で開発


 博水社(東京都目黒区)は、キリンビールのグループ会社「永昌源」(東京都品川区)と立正大学(東京都品川区)との産学連携で、地元である目黒・品川区限定の若者向けの新カクテルの開発を行い、10月中旬に目黒区・品川区の飲食店で販売する。

 新カクテルは、「(学生が)社会人になって乾杯したいカクテル」をテーマに立正大学の学生たちが、博水社の割り材「ハイサワー」で永昌源の「杏露酒(シンルチュウ)」を割ったカクテルを考案し、地元に若い層を呼び込む“街おこしサワー”として提案していく。

 中心メンバーとして携わる立正大学生は、経営学部経営学科の吉田健太郎准教授のゼミに所属する20歳以上の2、3年生16人。リーダー2人を筆頭に14人が商品開発班など3班に分かれ、商品作りに取り組む。学生は取り扱いを交渉する営業にも同行する。

 ハイサワーは、「わ・る・な・らハイサワー♪」のCMソングでおなじみの博水社の主力商品。現在、同ブランドはアルコール入りのハイサワー「ハイサワー缶 レモンチューハイ」を含め、20種を超える商品を展開している。

 杏露酒は、国産のあんずの実を漬け込んでつくったお酒で、発売45周年にあたる今年、果実感を高めることで本来のおいしさをより楽しめる味へとリニューアルした。