中野BC:紅南高梅使用の「紀州梅酒 紅南高」 1万本限定


 酒造会社の中野BC(和歌山県海南市)は、和歌山県産の南高梅の中でも表面の3分の1以上が紅色に染まった紅南高梅(べになんこううめ)だけを使用した「紀州梅酒 紅南高」を5月12日に発売。1万本の数量限定。

 06年から数量限定で販売されており、今年で8年目を迎える。紅南高梅は、晴天の日が1週間以上続く天候の良い年のみ出荷される希少品で、価格も通常の2~3倍程度高い。アルコール度数は20度。720ミリリットル入りが2057円、1.8リットル入りが3780円。