ANAインターコンチネンタル石垣リゾート:長命草を使用したスイーツフェア


 ANAインターコンチネンタル石垣リゾート(沖縄県石垣市)は、与那国島産の長命草を使用した「長命草ロール」など3品のスイーツを販売するフェアを5月7日から開催する。同31日まで。

 長命草は、抗酸化作用のあるカロチンやビタミンC、ビタミンEを多く含んだセリ科の植物。沖縄では「1株食べると1日長生きする」として別名「チョーミーグサ」とも呼ばれている。栄養価の高さから美容や健康に良い食材として親しまれ、天ぷらや薬味として使われるほか薬草茶や青汁などにも使用される。

 「長命草ロール」は、長命草を練り込んだ生地で自家製の生クリームとカスタードクリーム、イチゴなど4種類の果物を包んだロールケーキ。1本1500円。ハーフサイズ800円。ほかに「八重山ぜんざい自家製長命草アイスクリーム添え・美ら茶セット」(850円)と長命草パフェ(1300円)が販売される。