ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート:沖縄の食文化を味わえる「ちゃーがんじゅー御膳」など2品を期間限定で提供


 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート(沖縄県国頭郡)は、同ホテル内1階の日本料理店「雲海 日本料理」で琉球王朝時代の宮廷料理などが楽しめる「ちゃーがんじゅー御膳」と沖縄の家庭料理とアバサー汁(ハリセンボンの味噌汁)をセットにした「アバサー汁とウチナー定食」を12月30日までの期間限定で提供している。

 「ちゃーがんじゅー御膳」は、海ブドウやスヌイ(モズク)のかき揚げ、ジーマーミー(落花生)豆腐、お祝い事や王朝時代に食べられていたミヌダル(豚肉の黒ゴマ蒸し)など約30品の「ぬちぐすい(命の薬)」と言われる伝統料理の数々が味わえる。「ちゃーがんじゅー」とは、沖縄の方言で「いつも元気」を意味する。12月22日~25日を除く午後6時~同9時半のディナータイム限定で提供。3800円。

 「アバサー汁とウチナー定食」は、フーチャンプルーやミーバイ酢味噌和え、三枚肉やゴーヤーの煮付けなどの沖縄の家庭料理と、コラーゲンたっぷりのアバサー汁が楽しめる。正午~午後2時のランチタイム限定。2300円。